協同組合について

我が町、津別町は広大な森林に囲まれております。町域の総面積 716.60㎡のうち、約86%を占めるほどの中山間地域です。広大な森林は多種多様な樹木です。

イチイ・エゾマツ・トドマツ・カラマツ・シナノキ・ミズナラ・ハルニレ・カツラ・シラカバ・カエデ などがあります。

また、津別町ペレット協同組合は、木材にゆかりのある株式会社 山上木工 代表取締役 山上 裕靖を津別町ペレット協同組合の常任理事長とするほかに地元組織組合員、及び、プラントスタッフ一同が日々の連携のもと運営されている木の町、津別町ならではのこれからのやさしい木質燃料作りしている地元の工場です。

これからの新しい ECO なバイオマスエネルギー Fuel Woody Pellet(木質ペレット燃料)

地産地消である木質ペレット燃料は、常に燃焼時に排出される二酸化炭素やダイオキシンをほとんど発生させません。このため、Fuel Woody Pellet(木質ペレット燃料)は地球温暖化防止に大変役立っています。

ペレットストーブに使われている木質ペレット燃料は常に高温保持をします。また、無臭という部分がくつろぎの空間にやさしさと快適さをもたらしてくれます。目で見えるぬくもり(炎)をうれしく感じられるひととき(人と木)そんな身近なストーブはいかがでしょうか? ・ ペレットストーブは低燃料コストと簡単メンテナンスというところにも人気の秘密があります。