木質ペレット

木質ペレットとは

木質ペレットは、丸太・樹皮・枝葉など木質バイオマスを原料に作られます。特に木材工場から排出する樹皮・おが粉・端材などの残・廃材が有効に活用されています。これらの原料を細かい粉状に破砕して、圧縮して棒状に固めて成型したもののことをいいます。大きさは、長さ1~2cm・直径6~8mmのものが主流です。ペレットの特徴の1つが、接着剤を必要としないことです。成型するときにおが粉状のものを圧縮して固めるのですが、このときに接着剤は使用しません。木材の構成要素の1つである物質(リグニン)が軟化して接着剤のような役割を果たすからです。
そのため、ペレットの成分は木材と変わらないのです。それで、まきを燃やしているときのような暖かさがあります。ペレットに成型するときに原料を圧縮させる分、粉砕しただけのチップやおが粉よりも熱量が大きく、燃料としてグレードアップになります。

ペレットの特徴

*まきや木炭に比較し取り扱いが容易なことや、大きさが粒状であるため火力調整が比較的容易である
*一般家庭等のストーブ、ボイラーでの利用が容易であることや、一度粉砕しているため燃焼効率が高い
*圧縮しているため貯蔵場所を取らないことや、長期間の保存が可能である

木質ペレット

森林からあたえられた温暖化防止エネルギー